メイン画像

訪問看護とは

看護師などが居宅を訪問して、

主治医の指示や連携により行なう看護(療養上の世話又は必要な診療の補助)です。

 

病気や障がいがあっても、医療機器を使用しながらでも、

住まいで最後まで暮らせるように、

多職種と協働しながら療養生活を支援します。

訪問看護ステーション あゆみの特徴

 24時間365日対応し、在宅での療養生活が送れるように支援します。

 

医師や関係機関と連携をとり、様々な在宅生活、質の高い療養生活が送れるよう、

看護師・リハビリスタッフによる訪問を実施しています。

   

 ・バイタルチェック  

 ・入浴介助、洗髪介助、清拭、足浴など清潔ケア

 ・食事、排泄などの日常生活の援助

 ・褥瘡予防、または処置 

 ・在宅酸素の管理 

 ・カテーテルなどの管理 

 ・口腔ケア

 ・ターミナルケア  

 ・療養生活や介護方法の指導(退院直後など)

 ・リハビリテーション

  (日常生活動作の訓練、関節拘縮の予防・訓練、機能訓練、
   呼吸器訓練、福祉用具選定・住宅改修などに関する助言)

 ・その他医師の指示による医療処置など(点滴、創処置など)

 

 

訪問看護導入までの流れ

    1. 相談

     

     ご家族の方が、かかりつけ医に訪問看護の利用についてご相談下さい。
    (介護保険の対象となる方は、要介護認定を受ける必要があります)

     

     

    1. 申込み 

     

      

      かかりつけ医が必要と判断した場合、訪問看護ステーションに申込んで下さい。
    (介護保険でのサービス利用の場合、ケアマネージャーによるプラン作成が必要となります)

     

     

    連絡

     

      かかりつけ医はステーションに指示書を出します。 

    訪問

    開始

      訪問看護師・理学療法士が定期的に訪問します。

※訪問スタッフに対するお茶や部屋の片づけなどのご心配は不要です。